営業マンの売り上げを飛躍的に伸ばすセミナーと営業支援

サイト内検索 
  
営業マンが大変身するセミナー

説明を上手にする方法

話は技術

世の中に話の天才はいません。
“あの人は話が上手い”と思う人がいたでしょう。
その方は、話の上手な人を調べ尽くして、真似して、自分のものにしている人です。つまりパクッているのです。

つまり話は“技術”です。
あなたは生まれてからウン十年、日本語をしゃべっている、だから話せて当然と思っていませんか。
でも“あの人の話は分かりにくい”あるいは“何を言いたいのだろう”と思う人はいるはずです。彼らも当然、ウン十年日本語を話しているのですが…。

話を上手にするには、まず「知識」を頭に入れることからです。
車の運転を考えてみましょう。

いま、あなたは無意識でハンドルを握り車を走らせています。
しかし運転免許を取るときのことを思い出してください。
まず“座学”で知識を入れましたね。
そして“意識して教習車を走らせた”のではないでしょうか。
でもまだ路上には出られません。
何日も座学を続け、また教習所のコースを走ったはずです。

同じ様に上手に話すには「理論」と「技術」の両輪をどんどん回していくことです。
車を運転したい“熱い思い”から“知識”を入れ、そして走らせる“技術”を合格点まで高
めていったように
ビジネスも
あなたの熱い思い→知識・内容→技術
で「説明がよく解る」営業マンになるのです。

営業マンセミナーでは、話の本題を二つのパターンで説明します。
(1)本題の言葉を初めに話す
(2)本題の周りの事柄から話す
このパターンを事例に当てはめてみるのです。
こうした準備が十分出来ていれば、よくわかる説明になります。