営業マンの売り上げを飛躍的に伸ばすセミナーと営業支援

サイト内検索 
  
営業マンが大変身するセミナー

説明を上手にする方法

内容構築の仕方

説明する、或いは話すことのパターン、設計図を作りましょう。
この構築が無いとだらだらした話になります。

Aパターン 
【G・D・G&ポイント3の法則】
G general remarks   総論
D detail                 各論 詳細

つまり話す手順、流れは
(1)G 総論
(2)D 詳細
(3)G 総論

(2)の詳細は、ポイントは3つだけに絞って説明すること。欲張って4つあるいは5つ並べるとお客様の頭には何も残っていません。

Bパターン
【PREP+A法】
P point       結論
R reason    理由
E example  具体例 詳細
P point       結論

after that     だから…

論理的に伝えるにはBパターンが一番です。

2つのタイプをみてお分かりになりましたね。
いずれも初めに“結論”“総論”を言い、最後にもう一度“結論”“総論”を口にしていることです。
これがお客様の頭の中を整理して、理解、納得を確かなものにするのです。

話は技術の項でも説明しましたが、急所から説明するか周りから話すかです。
営業マンセミナーでは一つの項目を二つの方法で見せています。
分かりやすいのはどちらかは、説明する商品によっても、あるいは何回目の座談かによっても異なるでしょう。
セミナーで具体的にお見せします。